読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびりと。

twitterより長い文章を書く日記。

本はたくさんあるのよ。

雑記

さてはてそんなこんなで、メディアマーカー登録してみたわけです。
がー。
部屋を見回し噛み締める絶望感。これ全部+α入力するの…?
よく蔵書管理にトライした方の手記に、「大体1000冊くらいあって大変」とか書いてあるのを見かけます。
しかし、買う→捨てる(or売る)→買うのループを経て、私の書架にはどれだけ本が詰め込まれているのか皆目見当がつかない状態なのです。つか「書架」とか言ってるけど現実溢れてるし。文庫ボックスに入れて押入れにも突っ込んでるのにその辺に本が積んであるし。
その上借りた本も出来れば入力をと思っているわけで、これはもう見果てぬ山。
とりあえず好きな作家/シリーズだけさらっと入力した分でも120冊あったカオス。
昨年6月からなんとなく付けていた記録を入力したら250冊。130冊も増えてるよ。明らかに抜けがあるのに。
……これまともにやってたら正直減らないと思います(本自体が増殖するから)

と、いうわけでー。
こんなものを購入。ぱかぱぱん!

バーコードリーダー(大山ドラの声で)
6,980円もしたよ! いや安いのはわかってるんだけどなんか。
mixi上ではとこ氏にクライムなスメルをお届けした一品です(その節はありがとうございました)
見ての通りいたって合法的な使用なので、ポリスの必要はありません。

こいつで本の裏表紙についている二つのバーコードをピピっとやると、ガガっと入力されて、検索ボタンをポチるとバシッと情報が取得できるわけです。べんり!
ちなみに、ローカルでの管理に私本管理Plusというソフトを使うことにしました。
製作者様サイト→http://homepage1.nifty.com/EKAKIN/shihonp.htm

まだ本格的にはやっていないけど、木曜日、買って即テスト入力してみたらかなり快適な手応えがあったので、本の管理に悩む紳士淑女の皆様方は是非御一考を。

……まあ、過去に借りた本なんかは、やっぱり手打ちするしかないんだけどね……。

バーコードリーダー機種名:FFTA10A(限定カラー)
購入場所:若松通商秋葉原、中央通り末広町駅近く)
金額:6,980円(アウトレット価格。保障一週間)
http://www.barcode.ne.jp/product/63.html

プライバシーポリシー免責事項